会社沿革

東亜化学工業の沿革をご紹介します。


会社沿革

1943(昭和18)年 8月 倉橋定治郎 東亜化学研究所を設立軍指定により特殊絶縁塗料を製造
1947(昭和22)年 12月 東亜化学工業株式会社を設立(資本金198,000円)塗料製造業・塗装工業を開始
1949(昭和24)年 1月 ジュジュクリームにより外凾の光沢加工の委嘱をうけてこれに成功、各方面より受注をみるに至った。
1960(昭和35)年 5月 倉橋定治郎 東京都光沢化工紙協同組合理事長に就任
1963(昭和38)年 5月 埼玉県新座市に朝霞工場を新設
1966(昭和41)年 12月 東京工場を鉄骨ブロック造2階建陸屋根に新築
1974(昭和49)年 1月 倉橋一郎 社長に就任
1984(昭和59)年 12月 トーアビルを新設(千代田区三崎町)
1986(昭和61)年 12月 児玉工業団地に児玉工場を新設(埼玉県児玉郡)
1994(平成6)年 11月 児玉第二工場を新設
1995(平成7)年 4月 東京工場を朝霞工場と児玉工場に統合本社を練馬区貫井1丁目26番9号に新設
1999(平成11)年 10月 倉橋豊 社長に就任
倉橋一郎 会長に就任
2001(平成13)年 6月 児玉リサイクル工場を新設
2002(平成14)年 6月 倉橋一郎 全日本光沢化工紙協同組合連合会 会長に就任
2004(平成16)年 6月 倉橋豊 全日本光沢化工紙協同組合連合会 専務理事に就任
2007(平成19)年 4月 営業部に環境ソリューション事業部設立(現 衛生事業部)
2007(平成19)年 12月 創業60周年
2008(平成20)年 4月 SP事業部設立
2014(平成26)年 3月 本社を練馬区貫井1丁目5番9号に移転
営業本部を埼玉県新座市野火止8丁目21番3号に移転
pagetop